授乳でお困りの方へ!

助産院ばーすでは、毎日母乳相談室をしています。


得意なのは、痛みを与えないケア。

そして、母子の育ちの継続的な見守りです。


産前産後のお母さんはとってもデリケート。

そんなお母さんに、そっと寄り添える場所として、

助産院ばーすはあります。


母にとって、母乳を我が子に与えるというのは、

本来、至福の時間。


初めて我が子におっぱいを吸われたときの感動は、

忘れられないものです。


しかし、陥没乳頭だったり、扁平乳頭だったり、

短乳首だったり、乳首の伸びが悪いとか・・・で、

そのままでは赤ちゃんが吸うのにとっても大変な場合もあります。

また、赤ちゃんが吸うのが下手、、、ということもありますね。


しかし、

妊娠中からのケアや、産後に専門のケアを受けることで、

どんな乳首でも、吸うことができるのです。

赤ちゃんも、抱き方やくわえ方を根気強く練習していけば、

吸えるようになるのです。


しかし、

時期がどんどん過ぎてしまうと、

なかなか難しくなります。



私は、生後3週間までが、母子ともにとても大切な時期と考えています。


この時期に、なかなか有効な吸てつが乳首にないと、

母乳分泌も少なくなっていきやすいですし、

母子ともに、母乳育児の負担感が大きくなっていきやすいと感じています。


ですから、授乳の相談は、早目がほんとうに大切!!

(母乳育児スタート期の支援は、母乳育児が軌道に乗る3か月くらいまでが大切です!)


出産後、入院中から予約をされる方もいるほどです。

産後すぐは、助産院に通ってくるのはむしろ母体の体力面でマイナスなので、

こちらからうかがっての訪問ケアをさせていただきますよ♪♪

産後すぐでも、安心してご連絡くださいね(^^)



助産院ばーすでのおっぱいケア

は、ママと赤ちゃん両方のトータルケアです。

ママも赤ちゃんも「楽に」授乳ができるように・・・ということを、

最大限大切に考えています。


出産直後のママの乳首は、とても固いことが多いもの。

(ですから、出産前に少しでも柔らかくしておけたらいいんですよ。乳首用の保湿クリームやオイルでしっかり保湿、37週を過ぎたら自分で乳首を優しくモミモミとマッサージ・・・など)

固いまんまの乳首で赤ちゃんにものすごい力で吸われたら、痛みを伴うのはあたりまえなのです(T_T)


妊娠中に保湿しておくことがとても大切ですが、

生まれた後に乳首~乳輪が固いときは、赤ちゃんの吸てつを模倣した手技のマッサージを

乳頭にします。

産後の乳頭はものすごく敏感。

真綿を触るように、ふわふわ~と柔らかく触れていきますよ。

まったく痛みがなく、むしろ気持ちがいいほどです。


昔ながらのぐりぐりとするマッサージを受けて痛かった!!という方は、

ぜひ一度当院のケアを受けてみてくださいね。

その違いに皆さんびっくりされます。

ママに痛みを与えない方法もあるのです。



秋田県内では、残念なことにまだまだその手技を習得している助産師・ケアラーは少ないのが現状です。

ママの産後の乳房にかかわる方は、ぜひ研修を受けてみてほしいですね。(BSケア)



ラク~に授乳できるためには、添い乳もマスターしてほしいところですね~。

うちの3番目さんの1歳ころの添い乳のかわいい写真です↑

2歳になった今でも、添い乳で寝てますよ~(笑)



「今授乳がとにかく大変で・・・」

とか、

「これでいいのかよくわからくて、不安・・・」

とか、

母乳育児中の悩めるママに寄り添います。


「助産院ばーす」を4月からもよろしくお願いいたします~~~~(^O^)/


✨産前産後の母子と家族に寄り添います✨

妊婦相談、母乳育児支援、育児相談

✨お問い合わせは24時間OK✨


産前産後ケアハウス・助産院ばーす

090-7566-4827

josanin.birth.akita@gmail.com

❤️助産師 石岡真理子❤️

産前産後ケアハウス・助産院ばーす

秋田市御野場にある産前産後のママと赤ちゃんを、優しさで包み込む助産院 〜じっくり丁寧な心身のケアをすべてのママに〜 母乳相談・痛くない乳房マッサージ・乳房ケア・骨盤ケア・育児相談・妊婦相談・両親学級・子育て交流会・ママ応援講座・思春期講話・性教育