妊婦の安楽なポーズ

こんばんは(^^)

助産院ばーすの助産師・石岡真理子です。

現在第4子の妊娠4ヶ月半くらいになりました。

つわりは治まりつつあるのですが、

食事の後はとくにダルくて、
ちょこちょこと、横になるようにしています。


早くも少しお腹が出てきたので、
妊婦の安楽ポーズ「シムス位」がラクです~(о´∀`о)


こんな↑姿勢ですね( ´∀`)/

私の見苦しい写真でスミマセン…(;^ω^)


「シムス位」とは、
「半うつぶせ寝」のこと。

左を下にして、上半身はうつ伏せ、腹部から下は横向き、みたいな感じです。

下になる足は自然に伸のばし、上になる足は自然に曲げます。

左肩~左腕は、後ろに出します。


右手に枕やクッションを抱っこしたり、

右足の下にも同じく枕やクッションを挟むと

体の重さが分散されて、さらに楽ですよ。


おなかが大きくなってくると、

ほんと寝苦しいですよね。

後期を過ぎて、横になるとおなかが重力で引っ張られて

この姿勢もつらいよ~(T_T)という方は、

「おなか枕」(タオルをおなかの下に入れて枕にする)

を入れてあげてください。


この姿勢は左側を下にするのがポイントです。

ママの血流が良くなりますので、

赤ちゃんへの血流もよくなり、酸素や栄養がたくさん届き、

すくすく育つのを応援できます。

また、ママの足の浮腫予防・改善にも効果的ですよ♪


夜の就寝時はもちろん、

日中のお昼寝時や、ちょっと横になるという時も

この体勢をとるととっても楽なので、妊婦さんはぜひやってみてくださいね~♪



毎日の心身のケアは自分でしないといけません。

健やかに赤ちゃんをはぐくみ、元気に出産するためにも、

日々の体ケアを大事にしていきましょう。


沢山のママを見てきて感じるのは、

産後に頑張りすぎちゃうママさんの多くは、

妊娠中でも頑張り屋さん!ということです。


ほんとは横になりたいのに、ならないで頑張っていませんか?


「横になりたいな・・・。疲れたな・・・。」


そう感じているのは、自分だけではないのです。


ママが疲れるということは、おなかの赤ちゃんも疲れているということ。

疲れを感じたら、赤ちゃんのためにも、横になって休んであげましょう!


「自分のためには休めない!」という頑張り屋さんのママは特に、

そのように考えてみてくださいね(^^)


「自分をいたわる」=「赤ちゃんをいたわる」

ということを忘れないでくださいね。




産前の個別相談指導「出産準備相談室」

もたくさんの妊婦さんに

ご利用いただけるようになってきました。


「シムス位」の取り方などのほか、

夫婦でできる「内もも踏み」(二人ヨガ)、

最低限やっておくといいストレッチや

妊婦さんのスクワットの方法、

骨盤ケア、自分で体を整える体操(操体法)、

さらしの腹帯の巻き方、

赤ちゃんのまんまる抱っこ・おひな巻きの方法

などなど、

実地指導でなければできないことも

沢山ありますので、ぜひご利用くださいね(^_^)/

✨産前産後の母子と家族に寄り添います✨

妊婦相談、母乳育児支援、育児相談

✨お問い合わせは24時間OK✨


産前産後ケアハウス・助産院ばーす

090-7566-4827

josanin.birth.akita@gmail.com

❤️助産師 石岡真理子❤️

産前産後ケアハウス・助産院ばーす

秋田市御野場にある産前産後のママと赤ちゃんを、優しさで包み込む助産院 〜じっくり丁寧な心身のケアをすべてのママに〜 母乳相談・痛くない乳房マッサージ・乳房ケア・骨盤ケア・育児相談・妊婦相談・両親学級・子育て交流会・ママ応援講座・思春期講話・性教育